Windows 8 PCでUSBメモリからLinuxを起動する

前回USBメモリLinuxをインストールする方法をまとめましたが、Windows 8以降がプリインストールされたPCでUSBメモリからLinuxを起動する場合、さらにセキュアブートを無効化する必要があります。今回はそれについてまとめます。

セキュアブートとは

セキュアブート (Secure Boot) は、あらかじめ認証されたOSのみ起動を許す仕組みです。Windowsは8以降でセキュアブートに対応しており、Windows 8以降がプリインストールされたPCでは、セキュアブートがデフォルトで有効に設定されています
Windows 8.1クロスロード:第9回 UEFIサポートとセキュアブート (2/2) - @IT

Linuxでも一部のディストリビューションがセキュアブートに対応しており、Ubuntuも12.04以降の64bit版で対応しています。
UbuntuTips/Install/UEFI - Ubuntu Japanese Wiki

Ubuntuでのセキュアブート対応の仕組みは、下記のサイトで説明されています。興味のある方は見てみてください。(Microsoftの協力の下、第1ブートローダMicrosoftの認証鍵で署名することで対応しているようです。)
SecurityTeam/SecureBoot - Ubuntu Wiki
How to understand Ubuntu UEFI Secure Boot install? - Ask Ubuntu

USB起動時の問題

もう少し細かく見ると、システムがセキュアブートに対応するためには次の部品が必要です。

USBメモリからLinuxを起動する場合、OSとUEFIはHDD起動の場合と共通なので問題ありませんが、ブートローダが問題になります。
USB起動ではFAT32上からOSをロードするため、HDD起動の場合とは異なるブートローダが使用されます (Universal USB Installerはsyslinuxを使用しているようです)。残念ながら、少なくとも現時点ではそうしたブートローダはセキュアブート非対応のようです。そのためUSBメモリからLinuxを起動しようとしても、セキュアブートの仕組みによって阻止されてしまいます。

セキュアブートの無効化

幸い、セキュアブートはUEFIの設定によって無効化できます。設定方法はマザーボードごとに異なりますので、使用するマザーボードのマニュアル等を参照してください。

私の場合、マザーボードASUSTek製で、こちらに設定手順が書かれていました。
http://www.asus.com/jp/support/FAQ/1004383/
マニュアルはこちらからダウンロードできました。
http://dlcdnet.asus.com/pub/ASUS/mb/LGA1155/P8Z77-V_PREMIUM/DJ114_win8_bios_boot_settings.pdf